【掲載方法】

保険外の白い歯の種類と特徴について教えてください。の解説

ホーム>保険外の白い歯の種類と特徴について教えてください。

保険外の白い歯の種類と特徴について教えてください。

審美治療の疑問

保険外の白い歯の種類と特徴について。

画像の説明


回答
保険外の白い歯の材質には大きく分けて、セラミックハイブリッドセラミックがあります。

セラミック』は艶や透明感があり天然歯に近い色合いを出すことができ、変色もおきません。硬く柔軟性がないため、強い衝撃に弱く割れることがあります。
ハイブリッドセラミック』はセラミックとレジンを混ぜ合わせた素材です。硬いセラミックの欠点を柔軟性のあるレジンを混ぜることで補い、ほぼ歯と同じ硬さになり歯に優しい材質です。セラミックに比べ透明感や艶が少なく、長期間で若干の変色がおこりまが、レジンほど変色や擦り減りはありません。

セラミックの被せものには、金属フレームのメタルボンドセラミックや、ジルコニアやアルミナフレームのセラミックとフレームを使用しないオールセラミックがあります。
メタルボンドセラミッククラウン」:金属のフレームに陶材を焼き付けたものです。金属のフレームが透けないように、金属とセラミックの間に透過を遮断するオペーク材を使用します。補強に金属で裏打ちしているため強度と適合性に優れます。金属アレルギーのある方には不向きです。
オールセラミックスクラウン」:フレームを使用せずにすべて陶材で作製します。フレームを使用しないため強度が劣り、奥歯には不向きで連結には使用できません。金属アレルギーや金属イオンによる影響の心配はありません。
ジルコニアセラミッククラウン」:金属のフレームの代りにジルコニアを使用します。人工ダイヤにも使用されるジルコニアは、光の透過性がよく曲げ強度に優れているため、審美性・強度共に優れた素材です。ミリング(CAD/CAM)により機械で作成するため、土台の形作りをする医師と作製する技工士の両方の技術によって適合性に差が出ます。金属アレルギーや金属イオンによる影響の心配はありません。

ハイブリッドセラミックの被せものにはメタルフレームのものとノンフレームのものがあり、ハイブリッドの種類もいくつかあります。

●保険適応の前歯の被せものである、金属フレームに硬質レジンを貼り付けた「硬質レジン前装冠」は、犬歯より奥の臼歯には保険が適応されません。そのため、小臼歯や大臼歯に使用した場合は保険外診療となります。レジンは柔らかく吸水性があるため、長期間で擦り減り、変色が起こります。

●部分的なものでラミネートべニアやインレーといったものがありますが、これらにもセラミックハイブリッドセラミックを使用することができます。

ラミネートベニア:歯の表面の3/4~3/5を一層削り、そこに付け爪のように貼り付けるものです。歯を削る量は少なくて済みますが、強度が弱く剥がれやすいという欠点があります。

インレー:臼歯に部分的に詰めるものです。厚みが必要なため、よりも歯を多く削る必要がある場合があります。割れやすく、適合性の問題と欠けやすいため、歯との接着部分から虫歯になりやすい欠点があります。


認証コード(9133)

審美治療の疑問


スポンサード リンク

ホーム>保険外の白い歯の種類と特徴について教えてください。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional