【掲載方法】

ホワイトニング(ブリーチング)を受ける前の注意は?の解説

ホーム>ホワイトニング(ブリーチング)を受ける前の注意は?

ホワイトニング(ブリーチング)を受ける前の注意は?

審美治療の疑問

ホワイトニング(ブリーチング)を受ける前の注意は?

画像の説明


回答
薬剤にアレルギのある方や無カタラーゼ症、妊娠中や授乳中、重度の歯周病、大きな虫歯や歯の亀裂、知覚過敏のある歯、著しい歯列不正などは、ホワイトニングは禁忌です。
ホワイトニングの効果には個人差があり、白くなりにくい歯質やほとんど効果が出ない場合もあります。特にエナメル質形成不全・象牙質形成不全歯やテトラサイクリン等による変色歯は効果が出にくいです。
ホワイトニング後の白い歯は一生ではなく、色の戻りがあるため、持続にはメンテナンスが必要です。
ホワイトニング後は知覚過敏の症状が出ることがあります。
ホワイトニング直後48時間は通常よりも着色や脱灰が起こりやすいので、酸性や着色しやすいものの飲食や喫煙は避ける必要があります。


認証コード(5191)

審美治療の疑問


スポンサード リンク

ホーム>ホワイトニング(ブリーチング)を受ける前の注意は?

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional