【掲載方法】

金(ゴールド)歯はどういう性質の歯ですか?の解説

ホーム>金(ゴールド)歯はどういう性質の歯ですか?

金(ゴールド)歯はどういう性質の歯ですか?

審美治療の疑問

金(ゴールド)歯はどういう性質の歯ですか?

画像の説明


画像の説明


画像の説明


回答
歯は噛み続けることで、少しずつ削れていきます。通常歯科で使用される金(ゴールド)は14K~20Kで、適度に柔らかく噛むことでの歯への負担は他の歯とほぼ同じです。金は適合性・親和性が良く、細菌が寄りつかない性質があります。そのため、金の含有量等にもよりますが、虫歯になりにくく歯にも歯茎にも優しい素材です。しかし、保険が適応されないうえ、審美性の面で敬遠される方が多いようです。


認証コード(7346)

審美治療の疑問


スポンサード リンク

ホーム>金(ゴールド)歯はどういう性質の歯ですか?

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional