【掲載方法】

保険内前歯と保険外前歯の差の解説

ホーム>保険内前歯と保険外前歯の差

保険内前歯と保険外前歯の差

審美治療の疑問

保険内前歯と保険外前歯の差について。

画像の説明

回答

保険内の前歯は、白い部分がレジン(プラスチック)のため、透明感が無く単色で、細かい色合いを出すことはできません。また、吸水性があるため汚れが付着しやすく徐々に変色がおきることと、白い部分が剥がれやすいという欠点があります。さらに金属部分は保険適応の金属のみの使用となります。
保険外の前歯に多く使用される材質はセラミックです。セラミックは透明感があり、色合いや艶など天然歯に近いものを作ることができ、変色もしません。セラミックは陶材で、硬く柔軟性がないため、他の材質に比べ衝撃で割れやすいという欠点があります。
セラミックの被せものには、セラミックのみで作製されたものや、金属やジルコニアなどのフレームを使用して強度を強くしたものなど種類があります。その種類によっても強度や色合いなどが異なり、医師の技術はもちろん、作る技工士のセンスや技術が大きく求められるものでもあります。また、治療費も種類や医院によって異なります。


認証コード(9547)

審美治療の疑問


スポンサード リンク

ホーム>保険内前歯と保険外前歯の差

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional