【掲載方法】

メタルボンドの解説

ホーム>メタルボンド

メタルボンド

メタルボンドセラミック

メタルボンドセラミックとは、裏側を金属で補強したセラミック歯です
セラミック部分は、ハイブリッドセラミックではなく完全なセラミックですので、透明感に優れた綺麗な仕上がりで、また裏側が金属なので丈夫で割れにくいという利点があります。
ただ、加齢に伴い歯肉がやせてくると、歯の根元部分の金属が露出し黒いラインが見えてくるという欠点があります。

メタルボンドセラミックの利点

変色せず、タバコのヤニやコーヒーなどの着色がしにくい素材です。
金属で裏打ちしているので、割れにくく強度に優れています。
既製材料ではなく、セラミックパウダーを配合して個々の患者様に合った色を出して行くので、隣接している歯の色と調和のとれた自然で透明感のある綺麗な色に仕上げることができます。

メタルボンドセラミックの欠点(オールセラミックと比較して)

金属を使用しているので、金属アレルギーのある患者様は使用出来ない場合があります。
金属で裏打ちしているので加齢に伴い歯肉がやせてくると歯の根元部分の金属が露出し黒いラインが見えてくる場合があります。
金属のフレームを使用している分、歯を削る量が多少多くなる場合があります。
金属のフレームを使用している分、金属の黒い色が反映し透明感と明るさがやや劣ります。

メタルボンドセラミックで行う治療

セラミック素材による治療対象
画像の説明

ハイクオリティータイプ(多層構成)について

当クリニックでは、各種類のセラミック歯にハイクオリティータイプをご用意しております。
ハイクオリティータイプは、通常タイプのセラミック歯に比べ、多層構成されているため色に深みが増し、とても自然で綺麗な仕上がりとなります。太陽の光のもとでの綺麗さが格段と異なってきます。
(室内などではそんなに違いはありません)
多層構成とはセラミック歯を作製するにあたり、細かく異なった色のセラミック素材を何層も何層も盛ることです。
歯科技工士セラミック歯を作製するのに費やす時間が増えるので、価格も通常タイプのセラミック歯に比べ高くなります。

セラミック歯への直接の色塗り

ハイクオリティータイプのセラミック歯の場合は、患者様に手鏡やモニターを見て頂きながら、歯科技工士がその場で直接患者様のご希望される色に塗っていきます。
多くの患者様にとても綺麗なセラミック歯ができあがると好評を頂いております。
※標準的な歯の色をされている場合は、歯科技工士による直接の色塗りを、省略する場合もございますのでご了承ください。
(直接の色塗りをせずとも自然で綺麗な色をしたセラミック歯を作製できるからです)

メタルボンドセラミックのタイプ別特長

画像の説明
※メタルボンドでのインレー治療・ラミネート治療は行えませんので、ご了承ください。

上記記事は、
吉祥寺セントラルクリニック

審美歯科口コミ評判ランキング

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18-5F
TEL:0120-203-640
からの情報発信です。この記事を見て通院したいなと思う方は、以下をクリックしてください。
http://www.k-central.jp/


スポンサード リンク

ホーム>メタルボンド

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional