【掲載方法】

ホワイトニング剤の種類や欠点は?の解説

ホーム>ホワイトニング剤の種類や欠点は?

ホワイトニング剤の種類や欠点は?

審美治療の疑問

ホワイトニング剤の種類や欠点は?

画像の説明



回答
ホワイトニング方法には、歯科医院で行うオフィスホワイトニングとご自宅でご自身で行うホームホワイトニングがあります。オフィスホワイトニング剤の主な成分は過酸化水素で、ホームホワイトニング剤の主な成分は過酸化尿素です。
ホワイトニングは、アメリカではメジャーで、市販のホワイトニング剤も数多く販売されております。しかし、日本ではまだ規制があり、アメリカで販売を開始後、日本メーカーで薬剤の濃度を下げてようやく日本での認可が下りた状態です。そのため、国内販売のものは濃度が低く種類も少ないので、ホワイトニング専門の歯科医院では、海外輸入薬剤を多く使用しています。

ホワイトニングの欠点として挙げられるのが、知覚過敏です。
濃度が高いほど一度の施術でのホワイトニング効果も高く得られますが、ホワイトニング剤の刺激も強く、施術後の知覚過敏症状も出やすくなります。そのため、虫歯や歯に亀裂の有る歯にはできません。
また、ホワイトニング効果には個人差があり、効果がですのに回数が必要となる場合や歯質によっては効果がほとんど出ない場合もあります。
さらに、1度の施術で一生ものではなく、色の後戻りがありますので、メンテナンスが必要となります。


認証コード(3599)

審美治療の疑問


スポンサード リンク

ホーム>ホワイトニング剤の種類や欠点は?

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional