【掲載方法】

ハイブリッドセラミックの解説

ホーム>ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックとは、レジン(プラスチック様の素材)とセラミックを混ぜ合わせた素材です。
車の「ハイブリッドカー」がガソリン車と電気自動車の中間という意味なのと同じで、ハイブリッドセラミックは保険適用のレジン(プラスチック様の素材)と保険適用外のセラミック(陶器)の中間の材料です。レジンよりも変色しにくく自然な仕上がりで、セラミックよりも安価であるという利点がありますが、完全なセラミックではないので透明感に欠けるため、前歯の治療にはあまりおすすめ致しません。

ハイブリッドセラミックの利点

  • 保険適用のレジン材料よりも変色しにくい素材です。
    (レジンはプラスチック様の素材のため、短期間に変色が起こります)
  • レジン材料よりも色の種類が豊富に用意されているので、隣接した歯と類似した自然な色で作製できます。
  • 通常のセラミックよりも安価です。
  • 通常のセラミックよりも割れにくく、また柔らかいので、周囲の歯やかみ合う歯を痛めることがありません。

ハイブリッドセラミックの欠点

  • 通常のセラミックメタルボンドセラミックオールセラミック)に較べると、透明感が劣ります。
  • 長期的には変色が起こります。(通常のセラミックは変色しません)
  • 通常のセラミックほどは細かな色の調整ができません。
  • 患者様の目の前でのセラミック歯への直接の色塗りが出来ません。
    (通常のセラミックの場合、ハイクオリティータイプでは歯科技工士がその場で、患者様に見て頂きながら直接色を塗って仕上げることができます)
  • 金属を使用しているので、金属アレルギーのある患者様は使用出来ない場合があります。
  • 金属で裏打ちしているので、加齢に伴い歯肉がやせてくると、歯の根元部分の金属が露出し黒いラインが、見えてくる場合があります。
  • 金属のフレームを使用している分、歯を削る量が多少多くなる場合があります。
  • 金属のフレームを使用している分、金属の黒い色が反映し透明感と明るさがやや劣ります。

ハイブリッドセラミックで行う治療

セラミック素材による治療対象

画像の説明

ハイクオリティータイプ(多層構成)について

当クリニックでは、各種類のセラミック歯にハイクオリティータイプをご用意しております。
ハイクオリティータイプは、通常タイプのセラミック歯に比べ、多層構成されているため色に深みが増し、とても自然で綺麗な仕上がりとなります。太陽の光のもとでの綺麗さが格段と異なってきます。
(室内などではそんなに違いはありません)
多層構成とはセラミック歯を作製するにあたり、細かく異なった色のセラミック素材を何層も何層も盛ることです。
歯科技工士セラミック歯を作製するのに費やす時間が増えるので、価格も通常タイプのセラミック歯に比べ高くなります。

上記記事は、
吉祥寺セントラルクリニック

審美歯科口コミ評判ランキング

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18-5F
TEL:0120-203-640
からの情報発信です。この記事を見て通院したいなと思う方は、以下をクリックしてください。
http://www.k-central.jp/


スポンサード リンク

ホーム>ハイブリッドセラミック

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional